イギリス英語に対する個人的な思い

イギリス英語

Hello, Cuppa Timeアンジェラです。

「英語」と言っても、イギリス英語とアメリカ英語、さらにはカナダ英語やオーストラリア英語、インド英語にシンガポール英語、世界中には多種多様な英語が存在します。

どの「英語」を勉強したらよいかの正解は一つではないと思います。

それは、英語はあくまでコミュニケーションの手段だと思うからです。イギリス英語、アメリカ英語に限らず、住む国ややり取りする相手によって変わってきます。

ですが、大きく分けると、やはりイギリス英語とアメリカ英語に括ることが出来ます。ですので、イギリス英語とアメリカ英語の違いを知っておくのもまた役に立つと思いましたので、この記事では個人的な意見をまとめてみました。

イギリス英語とアメリカ英語の違い

イギリス英語とアメリカ英語の違いは

  • 文法
  • ボキャブラリー
  • 発音

それぞれにあります。

文法

例えば、メールか手紙を書く時、イギリス英語は「Mr」や「Mrs」のあとに「.」(ピリオド)を付けませんが、アメリカ英語では「Mr.」「Ms.」とピリオドを打ちます。

こうした細かい違いはいろいろありますが、どちらかを使ってしまったら通じないというほどではありません。

例えば上の例でも、イギリス人はイギリス人に、アメリカ人はアメリカ人だけにメールを送るわけではありません。

ネイティブも戸惑ったり学んだりしていることですし、使っているうちに身についてきます。

ボキャブラリー

こちらも、イギリス英語とアメリカ英語では驚くほど使う単語が違ったりします。

よく知られているものだけでも、あげるとキリがありません。

日本語イギリス英語アメリカ英語
エレベーターliftelevator
フライドポテトchips(French) fries
サッカーfootballsoccer
autumnfall
ビスケット・クッキーbiscuitcookie
tincan
ごみrubbishgarbage, trash

ですが、これもまた、通じないというほどではありません。

日本国内でも、あの丸いお菓子の呼び方が、今川焼、大判焼き、回転焼きだったりするように、言い方は違うかもしれませんが、会話そのものが通じないということは無いですよね。

そういう違いの発見がむしろおもしろかったりします。

もちろん、ある国や地域で生活するようになれば、そこでの言い方を一番よく耳にするので、自然と身についてきます。

発音

イギリス英語も日本語に比べればお腹から声をだしますが、アメリカ英語程「r」を巻かず、また身振り手振り大きくドラマチックではないイギリス英語は、日本人にはなじみやすいのではないかと思っています。

また、発音やイントネーションの違いは、イギリスとアメリカの違いだけでなく、同じ国でも地域によって違いますし地域の中でも違ったりしますので、もっと細かく多岐にわたっています。

世界で第一言語として英語を話す人は約4億人、第二(三四)言語として話す人は10億人以上いるそうですので、発音を気にしてしり込みしてしまうのはもったいないと思います。

オーストラリアでホームステイをした時や、イギリスに来てすぐの頃は、いろいろなところで「あなたはアメリカ英語を話すね」と言われましたが、そのせいで会話をしてもらえなかったことは一度もありません。

敬語・遠回しな言い方

もう一つ、イギリス英語の大きな特徴があります。

よく英語はストレートだと言われますが、特にイギリス英語に関してはそうでもありません。丁寧な言い方、遠回しな言い方が好まれます。

例えば、誘われたけれど行けない場合、あるいは本当は行きたくない場合も

I’d love to but

行けたらよかったのですが……

と、丁寧に断ります。

少し極端なくらい、ザ・イギリスな言い方は

I am terribly sorry to bother you but I was wondering if you could possibly…

お手数をおかけしてまことに恐縮なのですが、もしよろしかったら可能かどうかお伺いしたく……

です。私の脳内では、イギリスの誇るザ・ブリティッシュな俳優「ヒュー・グラント」の声で再生されました。

どちらを学ぶべき?

私は、学校の英語の授業は嫌いでしたし、成績もひどかったです。わからないからつまらない、つまらないからツラい、ツラいからやらないのでますますわからないの悪循環だったと思います。

高校を卒業し、行ってみたいところややりたいことが見つかって、そのためには英語が必要だということを理解してからやっと勉強を始めました。そして、英語が出来るようになって、本当に世界が広がり、選択肢が広がり、出会いが広がりました。

もし、英語は勉強したいけれどつまらない・つらいと思っている方が読んでくださっていたら、アメリカ英語の参考書を一度離れて、なんでもいいので別な形で英語に触れてみてほしいと思います。

自分の好きな物や人が見つかり、もっと知りたいと調べていたら、やっぱりアメリカかもしれませんし、イギリスの方が合っているかもしれませんし、全然違うことかもしれません。

そして、今までイギリス英語を意識してこなかった方には、ぜひ一度気にしてもらえたら嬉しいです。イギリス英語は、イギリスはもとより、ヨーロッパ各国でも英連邦諸国(54ヶ国)でも、おそらくみなさんが思っているより広い地域で使われています。上品で礼儀正しい印象を与え、ビジネスにも向いているので、学習してみても損はないのではないでしょうか。

なお、いろいろな英語の中で一番モテるのも「イギリス英語」だそうですよ。

Cuppa timeにお付き合いいただき、ありがとうございました。

みなさま、良い一日を!

See you soon!

コメント

タイトルとURLをコピーしました