バレンタイン in UK

英国の暮らし

Hello, Cuppa Timeアンジェラです。

今日はバレンタインデーですね。月曜日なので、週末のうちにお祝いした方も多いのではないでしょうか。

Valentine’s day

イギリスのバレンタインもだいぶ商業化されていますが、日本と大きく違うところもたくさんあります。

  • 男性から女性に送る
  • 小学生や中学生は送らない
  • カードを送る
  • チョコレート限定ではない
  • ベッドで朝食&ロマンチックディナー

男性から女性に

日本では女性から男性にあげる習慣になっていますが、他の国ではむしろ男性から女性に送ります。男性から限定というわけでもなく、男性からも女性からも送りますが、意中の人にというより、既婚者やパートナーがいる人が相手に送るのが普通です。

小学生や中学生は送らない

パートナーに送るのが一般的なため、小学生や中学生くらいの年齢ではバレンタインの贈り物はしません。高校生くらいでもまだバレンタインをする子は少ないようです。大人がカードと赤いバラの花やプレゼントを贈り合います。

私のバレンタインの思い出といえば…、小学校1年生の時、同じクラスの山口くんに100円のハート形チョコレートをあげたのを今でも覚えています。今どきの小中学生は、好きな男の子にチョコレートをあげたりするのでしょうか。それとも、「友チョコ」の方が人気でしょうか。

カードを送る

イギリスでは、何はなくとも、カード!です。

誕生日もクリスマスもそしてバレンタインでもかかせないのは、カードです。

バースデーカードサンキューカードの書き方でご紹介しましたが、中にメッセージなどはあまり書かず、意外にあっさりしています。ですが、バレンタインのカードは違います。

まず、差出人には名前ではなく

From your Valentine

と書きます。

メッセージも、ロマンチックなメッセージが好まれます。

しばらく前ですが、2016年には最もロマンチックなセリフの投票までありました。

その時1位に輝いたのは、「Sense and Sensibility」(邦題「いつか晴れた日に」95年)の中でイギリスの誇るザ・英国俳優ヒュー・グラントのセリフ

My heart is, and always will be, yours

私の心は、いつまでも、あなたのものです。

だったそうです。

原作者のジェーン・オースティンの作品について語りだすと止まらないので、またあらためてご紹介しますね。

チョコレートだけではない贈り物

チョコレートも人気の「pressie」(プレゼント)ですが、赤いバラも定番です。でもチョコレートやバラに限らず、ワイン等のお酒、香水、服やアクセサリー、キッチン用品他なんでもです。

ハートのデザインやペアのマグカップも人気です。

ベッドで朝食&ロマンチックディナー

そして、特別な日にイギリス人が好きなのが、

Breakfast in bed

です。

文字通り、朝ごはんをベッドで食べるのが、「special day」(特別な日)の「treat」(ごほうび)なのです。

先日スーパーから届いたバレンタインセールのメールにも、「Breakfast in bed」を成功させるために何を用意したらいいかが特集されていました。オレンジジュースをシャンパングラスに入れるとおしゃれだそうですが、倒れてしまいそうで怖いですよね⁈

個人的には、とにかく食べにくいですし、先に歯も磨きたいので少しもご褒美には思えないのですが、特別な日だけの贅沢ということになっています。

ちなみに、イギリスのとある掲示板でも、「張りきった子どもが、まだ寝ていたのに朝食を運んできて、トイレに行きたいのを我慢しながら、冷たくなったトーストと切り損ねたりんごを大喜びで食べる演技をした。こんなのご褒美じゃない~っ」という投稿がたくさんの共感を得ていました😂

さて、ご褒美⁈は夜も続きます。

Romantic candle-lit dinner

「Romantic candle-lit dinner」です。こちらも文字通り、キャンドルを灯していただくロマンチックなディナーです。

おしゃれをしてレストランへ行ったり、「Dinner for two」という二人分の前菜&メインコース&デザートがセットになったもの等を購入して自宅で食事を楽しみます。

ファミリーでバレンタイン

最近では、カップルのイベントではなく、家族みんなで楽しもうと、大人⇔子どもでカードやプレゼントを贈り合うファミリーも増えてきているそうです。さすがに、その商戦には乗らないという人も多いですが。もちろん、個人主義の国イギリス、そもそも特別バレンタインをしないカップルやファミリーもいます。

バレンタインをする方もしない方も、チョコレート&カッパで素敵なお茶時間をお過ごしください。

Cuppa timeにお付き合いいただき、ありがとうございました。

See you soon!

コメント

タイトルとURLをコピーしました