知っていればこわくない!イギリスのパブでの注文の仕方・支払いとチップ

英国の暮らし

Hello, Cuppa Time アンジェラです。

前の記事で、イギリスで外食する時におすすめのドリンクをいろいろご紹介したのですが、そもそもの注文の仕方が、実はレストランとパブでは少し違います

せっかく飲みたいものが決まっても、どうやって注文するのかがよくわからなくては、困ってしまいますよね。

レストランにはドリンクのメニューがありますが、パブにはあまりありません。また、レストランは席で注文を取ってくれますが、パブでは自分でバーのレジのところへ行って注文します。

そんな違いがあるのですが、パブの店内には「バーで注文してください」とは書いていません。他にも、食事をする場合の頼み方や会計の仕方など、知っていれば安心してパブが楽しめますので、ご紹介したいと思います。。

パブでの注文の仕方

イギリスと言えば「パブ」と言うくらい英国暮らしに欠かせないパブ、そんな、イギリスの誇るパブでの「注文の仕方」をご紹介します。

バーのカウンターへ行く

レストランと違い、パブでは自分でバーへ行って注文します。

普段は「列(queue)」を作ってじーっと待つのが得意なイギリス人ですが、バーでは一列になって並びません。並ばないのですが、実はみんな自分の順番をわかっています

まず、バーの近くに行ったらすでに周りにいる人をざっと見て、自分の順番を把握します。

自分より先に来ていた人のオーダーが終わって、カウンターの中で注文を取っているお店の人に

Who’s next?

次の人?

と言われたら、カウンターへ進んでオーダーします。

よくわからずにうろうろしていると、他のお客さんが

I think it’s your turn.

あなたの番ですよ

と教えてくれるくらい、みなさん、カウンターの周りにいる人の順番を把握しています。

ドリンクの注文の仕方

パブでは食事をする機会も多くありますが、やはりパブのメインは「飲み」です。もちろん、飲むためだけに来るお客さんもたくさんいます。

レストランのようにドリンクのメニューは置いていないので、何を頼むか困ってしまうかもしれませんが、バーにはドリンクがずらりと並んでいますので、大体のイメージがつかめると思います。

また、バーのカウンターには、ビールやサイダー(リンゴ酒)のサーバーが並んでいます。ここに並んでいるのは通常そのお店の一押しですので、いろいろ試してみるのも楽しみの一つですよね。

なお、ビールと言っても、みなさんに一番なじみのある冷たく冷えているタイプは「Lager(ラガー)」(発音は[ˈlɑːɡə]「ラーガ」)です。

他にも「Stout(スタウト)黒ビール」「Bitter(ビター)」または「Ale(エール)」と呼ばれる10-12℃くらいで飲むビールがあります。

ビールやサイダー(リンゴ酒)を、バーカウンターにあるサーバーから注いでもらいたい時は、「パイント(pint)」という単位で頼みます

Can I have a pint of ○○(ビールまたはサイダー名)

英国のパブの「1パイントは568ml」ですので、それでは多いという方は、

Can I have a half of ○○(ビールまたはサイダー名)

で、半分のサイズを頼むことができます。

パブで人気のドリンクとそれぞれの注文の仕方はこちらで詳しくご紹介してますので、合わせてご参考ください。

食事の注文の仕方

最近は、ファミリーやパーティー向けに、食事に力を入れているパブが増えています。

パブで食事もする場合は、まずテーブルを確保します(店員さんが案内してくれるパブもあります)。

食事のメニューは、テーブルに置いてあるところが多いですが、テーブル上ではなくバーの近くに置いてあるところもあります。

何を頼むか決まったら、ドリンクと同じく食事も自分でバーへ行って注文します。

この時、必ず自分のテーブルの番号を覚えておきます

テーブルに番号のプレートが置いてあったり、テーブルに番号のプレートがはまっていたりします。

テーブルの番号が、カトラリーと一緒に入っている木のスプーンに書いてあるのも、英国パブのあるあるです。

バーのレジの近くで待ち、自分の番が来て、食事を注文しようとすると、まず

(What’s your) table number?

テーブルの番号は何ですか?

ときかれますので、覚えておいたテーブルの番号を言ってから、選んだメニューを頼みます。

支払い&チップ

ドリンクや食事の注文をしたら、その場で支払いもします。

そして、パブではチップ不要ですので、ご安心ください。

もし、ドリンクの合計が£9.75などで£10紙幣で払う場合は、25p等の少額のおつりはもらわないのが普通です(もらってはいけないわけではありません)。

以前から、日本に比べるとUKはカード社会でしたが、最近ではキャッシュ(現金)で払うことはほんとうに少なくなりました。

また、「card only」「cashless venue」と表記の有るところが増えてきています。こうしたところでは、カード(モバイル)決済のみで現金での支払いを受け付けていないので、ご注意ください。

キャッシュバックでさらにお得

なお、大手チェーンのパブはギフトカードを発行していますので、TopCashBackで事前に購入しておくとさらにお得です^^

TopCashBackの登録(無料)から購入までの流れはこちらの記事で詳しく解説していますので、よかったら合わせてご参考ください。

Cuppa Timeにお付き合いいただき、ありがとうございました。

みなさま、良い一日を!

See you soon!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました