【イギリス英語】日付の「書き方」:年月日と曜日の順番&書き方のフォーマットがわかる

イギリス英語

Hello, Cuppa Time アンジェラです。

みなさん、英語の日付を書く際の順番、ご存じですか?

「知ってるよ、日本と違って《月→日→年》でしょ?」という方、それはアメリカ英語なんです。

同じ英語でも、イギリス英語では《日→月→年》の順番になります。

イギリス英語は《日→月→年》

イギリス英語では、日本ともアメリカとも違って、日付は《日→月→年》の順で書きます。

例えば、今日2022年3月8日でしたら、《8→3→22》の順です。

では、順番がわかったところで、実際にどのようなフォーマットで書くのかご紹介したいと思います。

日付の書き方フォーマット

日付の表記の仕方は、一つではありません。

また、数字だけでなく月の名前(March, April等)もよく使われています。

それぞれのメリットとデメリットは、長さとわかりやすさです。

数字のみ:短くて簡単。どちらが日でどちらが月かわからないことがある。

月の名前:日なのか月なのかがわかりやすい。長い(ので主に3文字の短縮形を使う)。

どちらの書き方も、一般的によく使われています。

数字だけで書く場合

月の名前は書かずに、数字だけで書く場合は、ドット「.」またはスラッシュ「/」またはハイフン「-」のいずれを使ってもOKです。

8.3.22 or 08.03.2022

8/3/22 or 08/03/2022

8-3-22 or 08-03-2022

13日以降であれば、「日にち」を「月」と間違えてしまうことはないので安心です。

イギリス人も、アメリカ英語では《月→日→年》の順になることを知っていますので、国外とやり取りをする時などは、双方の認識に違いがないよう書き方に気を付けています。

月の名前を書く場合

月の名前を書く場合は、主に4つの書き方があります。

8 Mar 22

8th Mar 22

8th March 2022

the 8th of March, 2022

  • この4つの書き方のどれも正しく、下に行くほど、フォーマルになります。
  • 月を「Mar」のように省略せず「March」とフルで書く場合は、「th」も表記し、年も「22」とは略さず「2022」と書く傾向にありますが、絶対のルールではありません。
  • さらに丁寧に、the 8th of March, 2022と書く場合、「the」と「of」はセットなので、どちらかを書いたら必ずもう一方も書きます。

1月から12月の月の名前は、以下の通りです。

略(3文字)英語スペル
1月JanJanuary
2月FebFebruary
3月MarMarch
4月AprApril
5月MayMay
6月JunJune
7月JulJuly
8月AugAugust
9月SepSeptember
10月OctOctober
11月NovNovember
12月DecDecember
月の名前

イギリスの子ども達も、教室や部屋にポスターを貼ったりして、月の名前や省略形、序数を覚えます。

曜日を書く位置

年月日に加えて曜日も書く場合は、《曜日→日→月→年》の順番になります。

Tue, 8 Mar 22

Tue, 8th Mar 22

Tuesday, 8th March 2022

Tuesday, the 8th of March, 2022

まず曜日から書き、曜日の後には「,」を入れます。

曜日略(3文字)英語スペル
日曜日SunSunday
月曜日MonMonday
火曜日TueTuesday
水曜日WedWednesday
木曜日ThuThursday
金曜日FriFriday
土曜日SatSaturday
曜日の名前

曜日もまた、こんなポスターを貼って覚えていきます。

まとめ

イギリスでの日付の表記は、《日→月→年》または《曜日→日→月→年》です。

「月」と「日」の混同を避けるために、数字だけではなく月の名前がよく使われますが、長いので3文字に略すことがほとんどです。

数字の表記も月の名前での表記も、どちらかにしなくてはいけないという決まりはありません。

同一資料内等一連のやり取りの中では、いずれかの形にそろえるとわかりやすいですね。

次の記事では、日にちの「読み方」ミニクイズをご紹介していますので、合わせてご参考ください。

Cuppa Timeにお付き合いいただき、ありがとうございました。

みなさま、良い一日を!

See you soon!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました